知っていますか?牛タンのおいしい食べ方!

tan_stew
牛タンといえば一般家庭では焼いて食べる調理法が一般的です。牛タン専門店でも焼肉のように焼くか、シチューにして提供しているお店が多くみられるのです。牛タンが食べられているのは日本だけではありません。ヨーロッパをはじめとして世界の国でも広く食べられている食材なのです。

国によって牛タンの調理法が異なります。それを考えるともっと美味しい牛タンの食べ方があるのではと思いませんか。そこで牛タンの美味しい食べ方についてもっと研究してみましょう。

まず牛タンを家庭で焼いて食べることもあるかと思いますが、牛タンを美味しく焼くコツを知っていますか?それは七輪を使って焼くことです。七輪では炭をおこして火をつけるのですが、この炭からは遠赤外線が放出されています。

遠赤外線の特徴は肉の中までしっかりと熱を通して、しかも食材が焦げにくいと言うことです。
(参考:一ヶ月に一度の味、私の愛する「牛タン」

そのおかげでふっくらとジューシーな牛タン焼が出来上がるのです。

牛タンといえば塩やレモンでさっぱりと食べるのが定番ですが、他の物と併せても意外と美味しくいただけるのです。たとえば大根おろしです。たっぷりの大根おろしにネギやポン酢を併せて食べても美味しいです。

そのまま焼いて食べるのも美味しいですが、洋食メニューの材料として使用するのもおすすめです。牛タンカレーも美味しいです。圧力鍋を使って牛タンを煮込めば牛タンがとろとろになります。同様にタンシチューもおすすめです。こちらも圧力鍋を使って煮た方が、牛タンが柔らかくなって食べやすくなります。

牛タンハンバーグもおすすめです。牛タンはそれ自体が歯ごたえが強いため、ひき肉をつったハンバーグに牛タンミンチを合わせることで、ハンバーグにジューシーさと弾力が加わります。