とろけるような味わいがまさに本物!究極の牛タン

gyu_tan
今まで牛タンといえば焼肉屋さんで食べる牛タンしか食べたことがないあなた、本物の牛タンの美味しさを知らないと思います。

焼肉屋さんで食べる牛タンもそれなりに美味しいのですが、薄くて固いですよね。本物の牛タンはステーキのように肉厚でとてもジューシーで美味しいのです。

牛タンの名店と呼ばれている牛タン専門店を見てみると、どこのお店でも肉厚の牛タン焼定食を提供しているのです。

焼肉店の牛タンと、牛タン専門店で食べる牛タンの違いは、使っている部位と仕込みにあります。牛タン専門店で使用している牛タンは、舌の部分でも最も柔らかい部分だけを選んで使っていますので、厚みがあってもとても柔らかいのが特徴です。

そして牛タン専門店ではさらに牛タンを美味しく提供するために、熟成や仕込作業を行うのです。
(参考:これを読めば牛タンの食べ方がわかる

牛タンを柔らかくするために塩水や重曹につけたりして、熟成させることで牛タンに柔らかさが出てくるのです。

渋谷区/食肉の生食は控えましょう

焼き加減にも注意を払っています。牛タンを美味しく食べるためには焼き加減もとても重要な意味を持っています。焼く時は炭火を使って焼いているお店も多いのです。

炭には遠赤外線が含まれており、それが牛タンを焦がすことなく中までしっかりと火を通してくれるからです。牛タンの善治郎

名古屋市:ウシ(暮らしの情報)

表面がきつね色になった時点で焼き終えると、ちょうどいい味に仕上がります。美味しい牛タンを食べるとそのとろけるような味わいに皆さんびっくりすることでしょう。また牛タン定食ではその牛タンの味を引き立ててくれる付け合せが提供されますので、それがさらに牛タンを美味しくしてくれます。