一ヶ月に一度の味、私の愛する「牛タン」

beef_tongue
私は牛タンが大好きです。かつて初めて焼肉屋さんでタン塩を食べた時は、何だこれ?と思ったほど正直あまり美味しい物だとは思いませんでした。しかしそんな私の牛タンに対する概念を変えてくれた出来事がありました。

それは友人が私を牛タンの名店に連れて行ってくれたからです。あまり牛タンが好きでないということをその友人に話したら、私が本当に美味しい牛タンを食べたことがないからだと言うのです。そして友達のおすすめする牛タン専門店に連れて行ってくれました。

私はあまり乗り気ではありませんでしたが、友人が強くすすめてくるのでお店につれていってもらいました。そして友人のおすすめする牛タン焼き定食をオーダーしてみたのです。

牛タン焼き定食が運ばれてきてビックリしました。
(参考:必見!牛タンをおいしく焼くコツ

それは私の知っている牛タンとは全く違うものだったからです。私が焼肉屋さんで食べた牛タンは薄くてしかも硬くてかみ切れませんでしたが、目の前にある牛タンはチャーシューのように分厚いのです。

しかも食べてみてさらに驚きました。牛タンがとても柔らかいのです。本当にステーキを食べているのと変わらないと思いました。

おかげで牛タンが大好きになりました。今では月に一度のペースで牛タン専門店に行くほど、牛タンが好きになったのです。牛タンの美味しさを教えてくれた友人には本当に感謝しています。

私の周りにも以前の私のように牛タンが苦手という友人、知り合いがいたら、今度は私が牛タンの美味しさを教えてあげたいです。